MIKIMOTO mikimoto

MIKIMOTO強化買取中

ミキモト創業者の御木本幸吉は、
故郷・伊勢志摩の海にて世界で初めて真珠の養殖に成功。
銀座に日本初の真珠専門店「御木本真珠店」をオープンしたのちは、
ロンドンやニューヨーク、パリなど海外に次々と店舗を広げ、
養殖真珠の代名詞として
世界中にミキモトパールの名を浸透させました。

【MIKIMOTOの真珠とダイヤモンド】

「品質の良い養殖真珠」としてその名前が浸透しているように、MIKIMOTOは真珠ブランドとして世界のトップに君臨し続けています。

厳格な基準によって選び抜かれた最高品質の真珠。さらに、一本のネックレスを仕上げるために、真珠をひとつひとつ並べ替えては取り替えるなど、美しさを追及していく姿勢は徹底しています。

また、ダイヤモンドについても世界でも類を見ないほどの厳しい審査と品質管理がされています。

ダイアモンドは、“4C”と呼ばれるCut(カット=輝き)、Color(カラー=色)、Clarity(クラリティ=透明度)、Carat(カラット=重さ)の4つの要素によって評価するのが一般的です。ミキモトでは、さらに5つめの「C」の要素が加わります。

それは「Criterion(クライテリオン)」と名づけられた独自の判断基準で、「輝きのバランス」をチェックします。


ダイヤモンドの持つ3種類の輝き
 ・ブライトネス(白色の光)
 ・ファイアー(虹色の光)
 ・シンチレーション(きらめき)
それらが最も美しく調和しているものを選びます。


最良の美しさを求めて選び抜かれた真珠とダイヤモンド。それらを使ったジュエリーには、必ず「MIKIMOTO」または「貝印のM」の刻印が施されます。

つまり、この刻印そのものが「MIKIMOTOブランド品質」の証明書となります。



【MIKIMOTOを高価買取できる理由】

買取査定として、パール製品をお持ち込みになられるケースは多々ありますが、ノンブランドのパール製品と「MIKIMOTO」製品とでは、買取価格に大きな差が生じます。

真珠養殖の先駆者であり、美しい真珠を安定供給して世界に広めた功績。厳選に厳選を重ねた、ハイクオリティな真珠やダイヤモンドのみを使用。

世界的にもトップクラスの品質であるという信頼が、ブランドへの根強い人気につながっているのです。


「もう使わないな」という
MIKIMOTOのジュエリーをお持ちでしたら
まずはお気軽に査定にいらしてください。
心よりお待ちしております。

高価買取の理由

最新の精密機器が揃っているため、 鑑定書のないダイヤ、判定の難しい色石査定が可能

(1)計量法により定期的に国家検定を受けている精密な測定器で0.00gまで正確に測定致します。
(2)熱伝導率を利用したジェムテスターやわずか1秒でダイヤモンドのⅠ型Ⅱ型を判定できる最新鋭機器、さらに一定の波長の色を通さなくして、その宝石を特定できるカラーフィルターなどを使い科学的に難しい色石の判定を行います。

宝石業界28年。 何より必要なものは豊富な知識と確かな査定眼

ほとんどのリサイクル店では主観的な評価が多く、特に色石では鑑定基準もないため、失敗のない価格でしか買取ができないのが実状です。
大きさ・色・形・内包物など、どれ一つ同じ宝石はありません。それだけに何よりも豊富な経験値が必要です。
私たちは新品ジュエリーを扱い28年、精密機器だけでは計り知れない宝石の価値を見極めることであなた様のお役に立てることと思います。

4つの買取方法

ディアスワタナベでは多数の買取方法をご用意しております。
お客様にあった買取方法をお選びいただき、お問い合わせください。

リフォームやメンテナンスの相談もできる

お客様からのご希望があれば、新品仕上げや修理、
また、お母様から譲り受けた大切なジュエリーを新しいデザインにリフォームすることも可能です。
コンピュータシステム30,000型から最新デザインをお選びいただけます。
※こちらから無理にリフォームをお勧めすることはございませんのでお気軽にご相談下さいませ。