パール pearl

パール強化買取中

鉱物種 有機物
和名 真珠
誕生石 6月
石言葉 純粋無垢、健康、長寿
組成 炭酸カルシウム
硬度 2.5~4
産地 天然真珠/中東近海、南太平洋海域など世界各地
養殖真珠/日本、東南アジア、南アジアなど

アコヤガイをはじめとする、真珠層を持つ天然の貝類から真珠は作られてます。外から入ってきて吐き出せなかった異物が貝の中にあると、自らの分泌液(貝殻と同じ成分)で幾重にも包み込んでいきます。異物から身を守るための、その貝の防御反応を利用し、年単位の長い月日をかけて何層も重ねて真珠層ができあがります。独特な光沢を持つそれは「貝の体内で生成される神秘の宝石」として、見るものを魅了しています。
 

母貝によって色や大きさが異なるのも、真珠の特徴のひとつです。
一般的には、日本近海に生息するアコヤガイを母貝に使った養殖真珠が広く知られています。直径5~8mmのものが多く、9mm以上のものは希少とされています。そのなかでも「花珠」と呼ばれる真珠は、特に価値が高いとされます。真円で無傷、さらに「巻き・光沢・形・色・仕上げ」の全てが揃った最高品質のもの。しかし、浜上げされた真珠の2~3%に満たないほどしか採れないため、とても希少です。
オーストラリアやインドネシアの南洋諸島の海で養殖されているのが、白蝶貝から採れる白蝶真珠です。10mm以上の真珠が多く採れますが、稀に15~20mmの大きな真円真珠が採れる場合もあるそうです。母貝は、ホワイト系の真珠ができやすいシルバーリップと、ゴールド・イエロー系のできやすいゴールドリップがあります。オーストラリア海域ではホワイト系が多く、インドネシア・フィリピン海域では、ゴールドやイエロー系が多く採れるようです。
インド洋や太平洋の赤道を中心とした海域に生息する黒蝶貝から採れるのが、ブラック系やダークトーンなどの黒蝶真珠です。主にタヒチ近海で養殖されて採れることから「タヒチ真珠」とも呼ばれ、9~14mm程度の真珠が多く採れます。深い色合いをもつのが特徴の黒蝶真珠ですが、なかでも孔雀の羽のように新緑の地に虹色がにじみ出る「ピーコックグリーン」と呼ばれるものが大変希少価値があるとされています。
カリブ海に生息するピンク貝(コンク貝)という大型の巻き貝が母貝のコンクパールは、天然真珠として有名です。真珠独特の光沢はありませんが、表面に炎が燃えているような独特の火焔模様(フレーム)が見られるものは最高級とされていて、さらに宝石用として使えるものが採れることがとても稀なため、かなり希少価値の高い真珠です。
亜熱帯などの海域に住むマベ貝から採れる真珠は半球形が特徴で、マベパールと呼ばれています。12~20mmとボリュームのある大きさのものが採れ、半球状の核を挿入するので半球形の真珠を主としていますが、ハート型やドロップ型などさまざまな形のものが出来るのも特徴です。
また、真珠が採れるのは海だけではありません。河川や湖水で養殖されている、淡水真珠(淡水パール)もあります。中国の湖や川で、カラス貝や三角帆貝・ヒレイケチョウ貝を使って養殖され、米粒形やオーバル形をしたものが一般的。ホワイトだけでなく、ピンクやオレンジ、パープルなどの鮮やかな色合いが出るのも特徴のひとつで、サイズも2~10mmとさまざまです。他の真珠と異なり、貝の核を使わずに養殖できるので、1つの貝から20~30もの真珠が作れることから、リーズナブルな価格で販売されています。
 

それぞれ独特の特徴をもっている真珠ですが、5つのポイントでその価値が左右されます。
一つ目は「巻き」。真珠層の厚さのことで非常に大切な要素になります。一般的に養殖期間の長いものほど真珠層は厚くなり、層が厚くなるほど耐久性や光沢が増して上質とされます。
二つ目は「光沢(テリ)」といって、光の干渉現象であり、真珠特有の虹色の輝きのことです。真珠層が厚くキメの細かい高品質のものほど光沢が強く、美しさを感じさせます。テリの良い真珠は鏡のように映り込むものをシャープに見せ、テリの悪い物ほどぼやけて見えます。
三つ目は「形」。真円に近くなるほど価値は高くなり、不規則なバロック型になると評価は下がります。
四つ目は「色」。ピンクのコンクパールや黒蝶貝のピーコックグリーンは希少なため、高価買取の対象となります。
最後の五つ目は「キズ」。生きている貝によって作られるため、無傷の真珠はめったに存在しません。ゆえにキズが少なくて滑らかなものほど価値が高くなります。
 

まずはお気軽に無料査定をご利用下さいませ。

買取価格の違いについて

※産地が特定されるほうが高価買取につながる場合があります(鑑別書・ソーティング)。

※自然(天然)のままで美しいものがより希少なので、処理の有無・程度がわかると
  高価買取につながる場合があります(鑑別書・ソーティング)。
 

高価買取の理由

最新の精密機器が揃っているため、 鑑定書のないダイヤ、判定の難しい色石査定が可能

(1)計量法により定期的に国家検定を受けている精密な測定器で0.00gまで正確に測定致します。
(2)熱伝導率を利用したジェムテスターやわずか1秒でダイヤモンドのⅠ型Ⅱ型を判定できる最新鋭機器、さらに一定の波長の色を通さなくして、その宝石を特定できるカラーフィルターなどを使い科学的に難しい色石の判定を行います。

宝石業界28年。 何より必要なものは豊富な知識と確かな査定眼

ほとんどのリサイクル店では主観的な評価が多く、特に色石では鑑定基準もないため、失敗のない価格でしか買取ができないのが実状です。
大きさ・色・形・内包物など、どれ一つ同じ宝石はありません。それだけに何よりも豊富な経験値が必要です。
私たちは新品ジュエリーを扱い28年、精密機器だけでは計り知れない宝石の価値を見極めることであなた様のお役に立てることと思います。

4つの買取方法

ディアスワタナベでは多数の買取方法をご用意しております。
お客様にあった買取方法をお選びいただき、お問い合わせください。

リフォームやメンテナンスの相談もできる

お客様からのご希望があれば、新品仕上げや修理、
また、お母様から譲り受けた大切なジュエリーを新しいデザインにリフォームすることも可能です。
コンピュータシステム30,000型から最新デザインをお選びいただけます。
※こちらから無理にリフォームをお勧めすることはございませんのでお気軽にご相談下さいませ。