タンザナイト tanzanite

タンザナイト強化買取中

鉱物種 ゾイサイト
和名 ゆう簾石(ゆうれんせき)
誕生石 12月
石言葉 誇り高き人、神秘、冷静など
組成 カルシウムとアルミニウムケイ酸塩
硬度 6~7
産地 タンザニア、キリマンジャロ山のふもと近くのメレラニ鉱山

サファイヤにも似た深い青色が印象的なタンザナイト。
ケニアの明峰キリマンジャロ山一帯の、夕暮れ時の美しい空を表す名前として、ティファニー社が「タンザナイト」と名付けると、たちまち世界中の憧れの的として、一気に広く知られるようになりました。
 
本来、不透明なものが多いゾイサイトですが、透明感のある紫がかったブルーのタンザナイトは異彩の美しさをもっています。自然光の下では透明感のある群青色ですが、人工光の下では紫色が強くなり、蛍光灯の下では青色が強くなります。また、見る角度によって青色・淡い青色・紫色や、赤と紫を同時に有したり、青色の中に赤系や黄色系の色が見えるような石もあり、このような多色性がタンザナイトの魅力を増し、この特徴が強いほど評価を高くしています。
 
多色性だけでなく、色の濃度も評価の基準になります。ブルーサファイヤに似た濃い青色であると同時に、紫色がどれだけ濃く出ているかを見るなど、色が濃くなるほど評価が高くなっていきます。
また、透明度も重要です。もともと内包物の多い不透明なゾイサイトですが、内包物のない箇所をカットして研磨することで透明感のあふれるものに仕上がります。透明度の高いものが美しさを際立たせるため、高い評価を受けることになります。
かつては10カラットを超える大粒の良質なタンザナイトが多く採れたこともあり、「多色性」「濃度」「透明感」「石の大きさ」の全てが評価のポイントになります。
 
なお、タンザナイトという名前からわかるように、この石はタンザニアだけでしか産出されません。しかも、キリマンジャロの西、メレラニ鉱山で採れるゾイサイトのみが、タンザナイト特有の独特の青色と紫色をもっています。一カ所だけでしか産出されないことから、タンザナイトの産出量は不安定な上、大粒で良質なものの産出が減ってきています。そのためタンザナイトの販売価格は上昇し、財産的価値が高くなっていく傾向があります。
 
まずはお気軽に無料査定をご利用下さいませ。

買取価格の違いについて

※産地が特定されるほうが高価買取につながる場合があります(鑑別書・ソーティング)。

※自然(天然)のままで美しいものがより希少なので、処理の有無・程度がわかると高価買取につながる場合があります(鑑別書・ソーティング)。
 

高価買取の理由

最新の精密機器が揃っているため、 鑑定書のないダイヤ、判定の難しい色石査定が可能

(1)計量法により定期的に国家検定を受けている精密な測定器で0.00gまで正確に測定致します。
(2)熱伝導率を利用したジェムテスターやわずか1秒でダイヤモンドのⅠ型Ⅱ型を判定できる最新鋭機器、さらに一定の波長の色を通さなくして、その宝石を特定できるカラーフィルターなどを使い科学的に難しい色石の判定を行います。

宝石業界28年。 何より必要なものは豊富な知識と確かな査定眼

ほとんどのリサイクル店では主観的な評価が多く、特に色石では鑑定基準もないため、失敗のない価格でしか買取ができないのが実状です。
大きさ・色・形・内包物など、どれ一つ同じ宝石はありません。それだけに何よりも豊富な経験値が必要です。
私たちは新品ジュエリーを扱い28年、精密機器だけでは計り知れない宝石の価値を見極めることであなた様のお役に立てることと思います。

4つの買取方法

ディアスワタナベでは多数の買取方法をご用意しております。
お客様にあった買取方法をお選びいただき、お問い合わせください。

リフォームやメンテナンスの相談もできる

お客様からのご希望があれば、新品仕上げや修理、
また、お母様から譲り受けた大切なジュエリーを新しいデザインにリフォームすることも可能です。
コンピュータシステム30,000型から最新デザインをお選びいただけます。
※こちらから無理にリフォームをお勧めすることはございませんのでお気軽にご相談下さいませ。